TEL. 0739 22 0534
Back to TOP

入院案内

はじめに【重要】

この入院案内には、皆様が快適な入院生活を始めるに当たり、お守り頂くべき注意点が記載されております。内容をよくご了承・ご理解頂いた上で、入院をご希望される場合は、別紙、入院誓約書にご署名をお願いします。

目次

01.<当院の入院病床の種類>

医師の診察にて入院治療が必要と診断された患者様には、病状・治療に適した医療保険適応病床に入院して頂きます。(患者様の病状の変化により病床を変更して頂く場合があります)

当院入院病床

一般病床  【急性期】:16床

医療療養病床【慢性期】:3床

【重要】

02.<入院の手続き>

入院される患者様は、入院当日、
外来で医師の診察を受けた後に入院手続きをして頂きます。

ご 注 意

入院誓約書をお渡し致します。
この「入院案内」を熟読の上、本院の規則をお守り頂ける方のみ、
誓約書にご署名、ご捺印頂き、
2階ナースステーションにご提出下さい。

03.<入院時に持参して頂くもの>

  • ①:入院誓約書
  • ②:室料差額を要する病室への入室に関する同意書(差額病床に入院される方のみ)
  • ③:健康保険証(老人保険証、公費受給者証)
  • ④:印鑑
  • ⑤:診察券
  • ⑥:現在服用されているお薬
  • ⑦:洗面用具・歯ブラシ・石鹸・下着類・はし・スプーン(大)・湯飲み・ねまき(パジャマ)・スリッパ(滑らないもの)・毛布(冬季のみ)等


布団・シーツ・枕は当院で準備しておりますので、特別な場合を除きご用意の必要はございません。

【重要】

04.<病気や治療についての説明>

  • ①:病気のことや検査・治療について説明を希望される方は、主治医または看護師にご遠慮なくお申し出下さい。
  • ②:あなたの病気についてプライバシーを守る為に
重 要

あなた以外で病気の説明を受けるのに適した親族代表者を、信頼できる親族の中から1名お選びになり、その方のお名前、連絡先を当院に予めお伝え願います。

【最重要】

05.<当院からの緊急時連絡先について>

最重要

もしもの病状急変時など、緊急時の連絡先を、ご家族や親戚など信頼できる人の中からお決め頂き、その方への緊急時連絡法(自宅や勤務先、携帯電話などの連絡先)を入院時に予めお教え願います。

緊急時、ご本人に代わって治療方針を決定いただく場合があります。いつでも連絡の付く方の中からお決め願います。

ご注意

一刻を争う病状急変等において、お教え頂いた緊急連絡先にどうしても連絡が取れない場合や、連絡を取る猶予がない場合には、やむを得ず当院にて最善と考えられる緊急処置を了承なしに取らせて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。

この緊急処置が患者様の命に関わる場合もあることをご了承願います。

緊急時等、患者様の治療方針の重大な決断に立ち会って頂く為、何時でも連絡が取れる様ご配慮お願い致します。

【重要】

06.<入院中のお願い>

  • ①:当院の規則を守り、治療上のことは主治医、看護師の指示に従って下さい。
    入院中に治療および医院運営に支障をきたし、他の患者様にご迷惑をかける場合は、退院して頂く場合があります。
  • ②:当院敷地内は全面禁煙です。厳守して下さい。
  • ③:内服は指示通り、服用時間を守って下さい。(指示にない薬は飲まない様にして下さい)他院などから処方されているお薬などありましたら、必ずお持ち頂き、医師、看護師にお申し出下さい。
  • ④:病室内でのテレビの音量は他の患者様の迷惑にならない様ご配慮お願いします。
  • ⑤:電気製品や電気器具などの持ち込みはご遠慮下さい。(特別な事情がある場合は当院の許可が必要です)
  • ⑥:病室内に張り紙や釘打ち、備え付けのものに落書きや傷を付けないように願います。(修理費をご負担頂く場合があります)
  • ⑦:【注意】 患者様の病状急変等により、やむを得ず突然の転室、同室内での移動をお願いすることがあります。ご協力をお願いします。
【重要】

07.<入院費のお支払い>

  • ①:当院の入院治療費は健康保険法や介護保険法等の規定により計算されています。ご来院の際は保険証を1階受付窓口に提出下さい。
  • ②:入院費は翌月の月初めに請求させて頂きますので、その都度1階受付窓口にてお支払い下さい。また、退院される方は当日までの分を退院時にお支払い下さい。
  • ③:入院中に保険証や住所の変更があった場合は、すぐに1階受付窓口にお申し出ください。またお支払いに関してご不明な点がございましたら1階受付窓口にお尋ね下さい。
【重要】

08.<室料差額を要する病室への入室>

重 要

個室など、室料差額を要する病室への入室をご希望の方は、入院料の他に室料差額料金を頂いております。

「室料差額を要する病室への入室に関する同意書」をご記入、ご捺印の上、2階ナースステーションへご提出下さい。

患者様の病状等を優先させて頂きますので、病室選定にあたり、ご希望に添えない場合もございます。

室料差額料金(1日につき・消費税込み)
  • ・201/202/207/208号室: 0円(室料差額なし)
  • ・203/206号室: 3000円
  • ・205号室: 5000円

※ 2011年12月現在の料金。変更が有り得ます。

【重要】

09.<保険適応外諸経費のお支払い>

当院では、以下の項目について、その使用量、利用回数に応じた実費の負担をお願いしております。

下記料金は消費税込みの金額です。

ご注意

ご入院誓約書提出にあたり、お支払いのご理解・ご了承を頂いたものとみなさせて頂きます。

  • ①:テレビカード:1枚 1000円:2階給湯室で販売
    (テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機でご利用頂けます。)
  • ②:紙おむつ代:1枚 30円 ~ 150円
    (おむつのタイプ等で異なります)
  • ③:病衣貸し出し:1日につき 100円
  • ④:診断書・証明書代:1通〈平均〉 1050円 ~ 3150 円
    (書類・書式・作成の手間の大小により異なります)

※ 2011年7月現在の料金で、変更が有り得ます

10.<付き添い>

当院は7対1看護の届け出をしている有床診療所ですので、
原則として付き添いは出来ません。

但し、特別の事情で主治医が許可する場合もあります。

家族付き添いを希望される場合は許可が必要ですので、主治医または看護師にお申し出ください。

付き添いの方のお食事をご希望の場合、前日正午迄にお申し出下されば、1食朝350円、昼500円、夕500円にてご用意致します。付き添いの方の付添ベッド・寝具一式も1日につき300円にてご用意致します。

11.<お食事>

栄養士により管理されたお食事を病室まで配膳します。

食事時間(目安)
  • 朝食 : 8時
  • 昼食 : 12時
  • 夕食 : 18時

12.<お見舞い・ご面会>

面会時間: 午後1時30分~午後8時迄
入院患者様の療養の為、面会時間厳守下さい。

  • ①:面会時間内に港方面入口(専用駐車場側)よりお入り下さい。
  • ②:治療の必要上、面会が制限されることがあります。
  • ③:患者様保護の為、ご面会前に必ず2階ナースステーションにお申し出ください。面会者名簿にご記名の上でご面会下さい。
  • ④:飲食物の患者様への差し入れは、誤嚥の恐れがありますので、事前に必ずナースステーションで許可を得て下さい。
  • ⑤:他の患者様の迷惑にならないよう、短い時間で静かに面会して下さい。
  • ⑥:酒気を帯びての面会や飲食物の持ち込みはご遠慮下さい。また、病室での飲食や大声での会話、また無許可でお泊まりになることは禁じます。
  • ⑦:幼いお子様のご同伴や、多人数でのご面会は、患者様の安静を妨げるだけでなく、感染予防の観点からもご遠慮願います。

13.<電話のお取り次ぎ>

電話のお取り次ぎ対応時間: 午後1時30分~午後8時迄
緊急時はこの限りではありません。

14.<外出・外泊>

許可なく外出・外泊は出来ません。

外出・外泊の必要が生じた時は、必ず主治医の許可を受けて下さい。

お出かけ時・お帰り時には必ず2階ナースステーションに声をおかけ下さい。

15.<消灯時間>

消灯時間: 午後9時
他の患者様の療養の為、上記時間を厳守して下さい。

16.<盗難防止>

重要

貴重品や多額の現金は盗難予防のためお持ちにならないで下さい。

ご注意

貴重品などの当院でのお預かりは致しておりません。
もし、お持ちになるときは自己責任において保管に充分にお気を付け下さい。

17.<診断書や証明書が必要な場合>

  • ①:入院中に診断書・証明書を必要とする場合は、2階ナースステーションにお申し出下さい。
  • ②:退院後に診断書・証明書を必要とする場合は、1階外来受付窓口にお申し出下さい。

18.<辻医院専用駐車場のご利用について>

特別な理由がある場合を除き、入院期間にわたっての辻医院専用駐車場の長期継続利用はお断り致します。

19.<一日の予定>

1日の予定の目安です。(その日の状況・病状により異なりますのでご了承下さい)

午前
7時
:起床
8時
:朝食
8時30分~12時
:回診・注射・検査・処置
午後
12時
:昼食
13時30分~20時
:面会時間
15時~17時
:回診
18時
:夕食
20時
:病棟巡視・就寝準備
21時
:消灯

20.<集団生活の場としてのご協力のお願い>

当施設は安らかな環境の中で治療を行うところであり、集団生活の場です。
入院患者さま各自がルールを守り、快適に過ごせるようご協力をお願いします。

【重要】

21.<災害発生時の入院患者様へのお願い>

  • ① 各階通路に避難経路図を掲示しております。
  • ② 入院時に必ず非常口・非常階段をご確認下さい。
  • ③ 当院は両端と中央の3カ所に非常階段が設置されております。
  • ④ 全ての非常階段から地上及び屋上への避難が可能です。
  • ⑤ 火災発生時には煙感知式の自動火災報知設備により、非常ベル・サイレンが鳴ります。
  • ⑥ 動ける方は、スタッフの避難誘導指示に従い、落ち着いて避難して下さい。
  • ⑦ 決して単独行動はなさらないで下さい。
  • ⑧ 入院時に履いてきた靴を身近に保管し、靴を履いて避難下さい。
  • ⑨ 避難する時は、屋内ではスリッパを履かないで下さい。
  • ⑩ 速やかに貴重品のみを身に着けて避難下さい。
  • ⑪ 危険ですから、避難した後は、火災現場に決して戻らないで下さい。
  • ⑫ 煙を吸い込まない様に、濡れタオルやハンカチ等で口や鼻を塞いで下さい。
  • ⑬ 火煙が迫る時は、這うように姿勢を低くすると、見通しが良くなります。
  • ⑭ 天井の避難誘導灯は避難すべき非常口(火災発生区画と反対方向)に向けて点滅します。
  • ⑮ 非常階段への煙の流入を防ぐ為、防火扉が自動的に閉鎖されます。
  • ⑯ 防火扉は閉まっていても、押せば簡単に開き、避難できます。
  • ⑰ 屋外への非常口は火災発生時、自動的に開錠されます。
  • ⑱ 閉じ込められる恐れがありますので、エレベーターは絶対に使用しないで下さい。
  • ⑲ エレベーターに搭乗中の場合は、速やかに最寄りの階で降りて下さい。
  • ⑳ エレベーターは災害時、最寄りの階に自動停止し、ドアが開きます。
  • ㉑ エレベーター内に閉じ込められた場合は、非常通話ボタンを押し続けて下さい。
  • ㉒ エレベーターのドアは手で開けられません、救助まで冷静にお待ち下さい。
  • ㉓ 避難場所は当院専用駐車場となっておりますが、誘導に従って下さい。
  • ㉔ ナースステーションに設置している自動火災通報装置のボタンを押すと、録音音声により、自動的に消防署に通報されます。
  • ㉕ 当院院内・敷地内での喫煙・火器の使用はお断り致します。
  • ㉖ 火災発見時には大きな声やナースコールで同室者及びスタッフにお知らせ下さい。
  • ㉗ 重症の患者様はスタッフが搬送致しますので、慌てずにお待ち下さい。
  • ㉘ 津波の恐れがある場合は当院屋上へ避難誘導致します。
  • ㉙ 津波時の当院屋上避難は、消防訓練時に田辺消防と協議の上、決定したものです。

医療法人 外科内科 辻医院

一般病床・医療療養型病床

和歌山県田辺市上屋敷3丁目11番14号 TEL.0739-22-0534 FAX.0739-22-0538