お知らせ

和歌山県有床診療所協議会会員事務局より会員の皆様へ

_2018.10.31

いつも当協議会運営に際しご支援を賜り感謝申し上げます。

全国有床診療所連絡協議会より連絡があり

都道府県から厚労省へのH30年度有床診療所スプリンクラー補助金申請の

事業計画書提出期限が

H30年10月末から11月21日に変更となりました。

つきましてはスプリンクラー設置をご検討の皆様は

至急、和歌山県庁へご相談頂き

提出期限厳守にて事業計画書を提出されます様

宜しくお願い致します。

尚、この内容は11/1に全会員にFAX送信致します。

第1回全国有床診療所連絡協議会近畿ブロック会議

_2018.10.28

市橋研一近畿ブロック長の呼びかけにより

10月27日

TKP大阪梅田ビジネスセンターにて

初めての近畿ブロック会議が開催されました。

和有協からは、辻整形外科の辻 寛先生と私が出席。

病床があるので、もちろん日帰り(涙)。

右から

兵庫県:「市橋クリニック」の 市橋 研一 ブロック長

滋賀県:「ハートクリニックこころ」の 相馬 彰 先生

京都府:「なか整形外科医院」の 中 康匡 先生

兵庫県:「石橋内科」の 石橋 悦次 先生

右から

和歌山県:「辻整形外科」の 辻 寛 先生

奈良県:「在宅支援いむらクリニック」の 井村 龍磨 先生

皆様、様々な事業展開をなされている重鎮の方々ばかり。

介護事業初心者の私はちょっと肩身が狭い・・・。

第1回の議題として

近畿ブロック事務局を、兵庫県、市橋ブロック長の「市橋クリニック」に設置。

年2回、近畿ブロック会議を開催。

各府県間の連絡体制、メーリングリスト作成。

2019年度の奈良支部、京都支部発足への支援体制について。

等が協議されました。

和有協からは、協議会設立の参考にして頂く為

法人定款や総会誌、現在製作中のHP資料等を配布し

年間活動の具体的内容について報告致しました。

何故か、ポンコツの私が議長を仰せつかり(大汗)

ちょっとブルー(涙)。

ブロック長様、御指導お願い致します。

市橋ブロック長のもと

近畿未開設府県への協議会設立と

近畿ブロック各府県間の連携体制構築が

確実に進んでいます。

濱中看護師長慰労会

_2018.10.26

白浜で

濱中看護師長の

慰労会が開催されました。

 

父のあとを継いで

老朽化した医院の新築、近代化を行なうに際し

有床診療所の看護体制とはどうあるべきなのか

周りも見渡す限り古い有床診ばかりで

何処にも参考とすべき現代的な見本が見当たらず

途方に暮れていた時

濱中看護師長は地域中核病院の近代的システムを

当院に適した形で導入し

現代的な有床診療所の入院システムを構築、

完成下さりました。

 

10月より辻医院看護部門の管理を後進に譲り

法人看護部長として

新規に立ち上げた「中屋敷イストワール」で

新たな看護体制の構築に取り組んで下さっております。

これからも当法人全体の更なる飛躍に向けて

御指導の程、宜しくお願い致します。

 

 

 

田辺市花火大会2018

_2018.10.13

1枚だけ、宇宙(もしくはクラゲ?)みたいに撮れた ↑ ↑

田辺市花火大会は、

子供の時から皆で楽しませて頂いているので

毎年ちょっとずずつ

将来、孫と一緒に観れるように

小さな花火1発分位?当法人も協賛させて頂いております(笑)。

でも、ちょっと肌寒い。

やはり、花火には

浴衣と団扇(と蚊取り線香)の方が

ホットコーヒーよりしっくりきます。

正直、個人的には

秋のよさこい踊り(弁慶祭り)より

夏の盆踊り(精霊流し)に合わせて開催されていた

かつての花火大会の方が

風情があって好きでした(謝)。

花火大会を失ない、もはや盆踊りは風前の灯・・・。

盆踊りより、よさこい踊りが選ばれる

このご時世、

お盆に帰って来られたご先祖様、

ちょっと寂しいのでは(涙)。

 

医療法人 外科内科 辻医院

一般病床・医療療養型病床

和歌山県田辺市上屋敷3丁目11番14号 TEL.0739-22-0534 FAX.0739-22-0538