お知らせ

12月4日は「有床診療所の日」

_2012.11.13

一般に、有床診療所には大きく分けて以下の5つの機能があると言われている。

①    病院からの早期退院患者の在宅・介護施設への受け渡し機能

②    専門医療を担って病院の役割を補完する機能

③    緊急時に対応する医療機能

④    在宅医療の拠点としての機能

⑤    終末期医療を担う機能

しかし、私は、この分類はナンセンスだと思う。

5つの機能に分類したのは、理解力に乏しく融通の利かない行政の理解を得る為の手段に他ならない。

小回りが利かない大病院とは異なり、院長の決断で地域の求めに応じ直ちに柔軟に対応できる有床診療所の機能は、決してこの5項目では収まらないし、収めるべきでもない。

有床診療所の真価は、こうした縛りなく、院長の自由に、その時、その場所での患者様やご家族のニーズに柔軟に対応できる点に尽きる。

つまり、有床診療所の真の機能は一つ

 

地域の求めに柔軟に対応できる「現代の駆け込み寺」としての機能

 

と私は考えている。

地域医療において小回りのきく柔軟性が、有床診療所の真の強みであり、時代とともに有床診療所の機能は進化していくものなのである。

有床診療所は、個々が、その地域の患者や家族の実情・多彩なニーズに合わせ、地域密着型医療施設として、その時代、その地域に欠けた不可欠な医療を補い、地域医療を支えてきた。

しかし、有床診療所の個性が地域によって大きく異なる為、行政にとって評価が難しく、画一的にしか評価出来ない官僚には厄介者であり、その結果、恐らく行政は有床診療所を潰しにかかったものと考えられる。理不尽に抑制された有床診療所入院基本料により、この20年で有床診療所の施設数も病床数も半減してしまった。

近年、ようやく有床診療所の地域医療に果たしてきた役割が日本医師会と厚生労働省に理解されてきたが、半減してしまった有床診療所の発言力は弱く、行政に無視されがちである。

全国の有床診療所は精神的、肉体的、時間的、経営的に大きな負担を担いつつ地域の為に、まさに「ボランティア」として孤軍奮闘してきたが、現代の理不尽な状態では後継者を擁立できず、人件費をまかなうだけの報酬も得られず、看護職員の確保も困難となり、このままでは恐らく絶滅するしかない。有床診療所を巡る最大かつ喫緊の課題は、入院機能の維持を困難にさせる「著しく低い有床診療所の入院基本料引き上げ」であるが、もはや行政の良識は存在するのであろうか?

速報:本日、インフルエンザA型が検出されました。

_2012.11.12

インフルエンザA型の陽性患者様が来院されました。

高校生の女性で、クラブ遠征での感染が疑われます。

皆様、感染予防の為、手洗い、うがいを徹底下さい。

また、マスク着用や、咳エチケットにもご協力下さい。

〈インフルエンザの疑いがある患者様へのお願い〉

①38度以上の発熱が認められる方はマスク着用の上ご来院下さい。

②来院後直ちにスタッフにお申し出下さい。別室にご案内致します。

〈入院患者様ご面会の皆様へのお願い〉

①発熱時や、体調のすぐれない時は入院患者様とのご面会をお控え下さい。

②入室時及び退出時は病室前のアルコール液で手指の消毒をお願い致します。

 

イソギンチャクのベッド

_2012.11.08

大のなかよし、イソギンチャクとクマノミくん。

波乗り

波乗り・その2

カエル

カオナシ?

発射10秒前

のりまき?(そろそろ限界)

今日はここまで、おやすみなさい。

ウンベラータのデコレーション

_2012.11.04

年末は慌ただしい。無機質な院内に、クリスマスの演出が欲しかったが、これまで実現できないでいた。

でも、今年は違う。少し早めに行動に移し、一歩前に踏み出した。以前よりずっと構想は練っていて、建替え時、すでに準備はしていた。それが中待合にある鉢植えの大きな樹、フィカス・ウンベラータ(Ficus.umbellata)。ゴムの木と同じクワ科の観葉植物で、枝を切ると白い樹液が滴る。ウンベラータとはラテン語で「日傘」の意味。本当はもう少し華奢で少し傾き、葉っぱが上から覆いかぶさる、名の通り「日傘」のような樹が欲しくて、それをベンチの横に置きたかったのだが、いくら探しても、これしか見つけられなかった。

この樹は今やショールームの定番であるが、私が最初にショールームで見つけたのは2000年頃。革新的なディスプレイで有名な英国、テレンス・コンラン卿の、ザ・コンランショップ新宿本店に寄り道した時のこと。革張りのソファーよりも、その脇に置かれたプロポーション抜群のウンベラータに私は一目ぼれ。この日傘のように覆いかぶさる優しい葉っぱがとても心地良く、まさに「木陰のベンチ」。横にソファーを置いて、ボサノバを聴きながら昼寝する光景を連想し、この2メートル近い鉢植えを衝動買いして持ち帰った。当然家内はビックリ。以降、リビングの真ん中、ソファーのうしろに置いて、子供が生まれてからは装飾を施し、長らく我が家のシンボルツリーであった。

写真は我が家の初代ウンベラータ(2001年頃)。

少しレトロなオレンジの電飾と、デパートで見つけたクリスマスの装飾を施し、とても気に入っていた。

父に呼ばれ、田辺に帰ることになった時も、家族の一員として、迷わず引っ越し屋さんに搬送をお願いした。

医院が完成したら、待合ベンチの横に置こうと大切にしていたが、2年前、引っ越しの最中に、残念ながら枯れてしまった。

 

しかし、ついに本日、準備していた2代目ウンベラータに、1か月以上も早いイルミネーションを施してしまった。

ライバルはもちろん、表参道のけやき並木(笑)。

写真は2代目ウンベラータ。

・・・ちょっとやりすぎ、電飾を付け過ぎた。

どこかイメージも違う。これでは「未知との遭遇」の宇宙人・・・。

電飾の色をオレンジからブルーに変更したのが敗因らしい。

 

クリスマスの電飾を見ると、私は映像の魔術師、フェデリコ・フェリーニが映画のフィナーレによく使う、サーカスのイルミネーションを連想する。フェリーニの世界は、まさに覚める直前の夢の様な不思議な世界。現実と幻想の狭間を行き来して遊んでいるうちに、退廃的な夢の深みにどっぷり嵌まり、気が付くと自分が何処に居るのか分からなくなる。このフェリーニのトリックの世界で迷子になると、次第に元の自分に戻れるかが不安となり、ドキドキする。ユリアス・フチークの「剣士の入場」が鳴り響き、このデカダンな乱痴気騒ぎが最高潮に達すると、突如目覚まし時計で夢から覚めるように、現実世界に引き戻され、夢の楽しい思い出と、少し寂しい余韻を残して静かに幕が閉じる。このフェリーニの世界が私はとても好きである。

やはり、フェリーニの映画に登場する「電飾男」(?)が付けているようなレトロな電球を探しておけばよかった。

写真は十数年前、子供が生まれた時にデパートのおもちゃ売り場でまたもや衝動買いしたメリーゴーラウンドのオルゴール(中国製)。

子供と遊んでいるうちに、大半の旗を折ってしまったが、今秋、パテとヤスリ、金色マジックで修理した。

大好きなサーカスのメロディが流れる、私の宝物。

 

フェリーニの音楽といえば、ニーノ・ロータ。とても愉快だけれど、少し寂しい、とても好きな音楽。この音楽を添えれば、きっとフェリーニの幻想的なサーカスの世界に迷い込めそう。クリスマスにもピッタリ。

これで、当院ロビーのコンセプトは決まり。夏は「リオのカーニバル」、冬は「フェリーニのサーカス」。

早速、実現に向けて、オレンジ電球と、ニーノ・ロータ、そしてベンチにピッタリな3代目ウンベラータを、うちのサンタ(お上?)にお願いしよう!(笑)

・・・今年は無理かな。

 

医療法人 外科内科 辻医院

一般病床・医療療養型病床

和歌山県田辺市上屋敷3丁目11番14号 TEL.0739-22-0534 FAX.0739-22-0538