TEL. 0739 22 0534
Back to TOP

お知らせ

多謝你!黄鐵吉先生

_2020.01.18

台湾のお医者様

黄鐵吉先生が

エンジニアの息子様と共に遥々田辺までお越し下さりました。

40数年ぶりの再会。

40数年前

父、啓次郎が東京医大第1外科の研究室で

肺癌細胞の培養実験を行っていた時代

黄先生は大学院生として

台湾から留学されてこられ

家族ぐるみで仲良くお付き合いをさせて頂きました。

とても優しい、穏やかな、素晴らしい黄先生は

40年経っても変わらず黄先生のままでした。

会えて本当に幸せです。

今度は是非、お孫さまを連れて

ゆっくり遊びに来てくださいね!

多謝你!再見!

 

 

謹賀新年2020

_2020.01.01

2020年元旦の白浜

白浜・熊野三所神社

三所神社より白良浜を望む

田辺・扇ヶ浜

イストワールの門松

今年は東京オリンピック

2011年に野老朝雄氏にデザイン頂いた辻医院ロゴ

昨年はお世話になりました。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

外科内科辻医院

中屋敷イストワール

【お知らせ】外科内科辻医院 年末・年始の診療について

_2019.12.16

◇年末・年始の外来休診日について
12月29日~1月3日は、当院の外来診療はお休みとなります。
予めご了承下さい。
(1月4日以降は通常診療となります)
◇年末・年始の入院診療について
入院患者様の入院診療は年末・年始も継続致します。
◇12月29日~1月3日の外来予約診療について
12月28日までの通常診療時間内に、予め予約票をお渡し致しますので、予約時間にロビー2(駐車場側)でお待ち下さい。
注1) 休診日は、大浜通り入口は閉鎖致します。駐車場側入口よりお入り下さい。
注2)事務・薬局がお休みの為、長時間お待ち頂く場合があります。予めご了承願います。
注3)院外薬局はお休みですので、院内処方となります。
注4)予約時間にご来院頂けない場合は予約時間迄にお電話にてご連絡下さい。
注5)電話連絡なく予約時間にご来院されない場合はキャンセルと致します。

◇年末・年始休診日の急患対応について
掛かりつけ患者様の急病には可能な限り対応させて頂きますが、医師不在等で診療体制がとれない場合は救急病院を受診願います。
当日午前8時30分迄に当院までお電話にてお問い合わせ下さい。
注1)原則午前9時からの診察となります(元旦は午前10時からの予定)。
注2)予めお電話でお問い合わせ下さい。直接来院されてもお受けできませんのでご了承下さい。
注3)休日体制により人員配置が少なく、入院患者様への診療も行っている為、緊急を要する重症患者様への対応は困難です。緊急を要する場合は救急病院を受診願います。
注4)原則初診の患者様への対応は致しかねます。救急病院を受診下さい。
外科内科辻医院連絡先
℡:0739-22-0534

一般外来 仕事納め

_2019.12.28

今年一年

どうも有り難う御座いました。

良いお年をお迎えください。

 

 

Stille Nacht

_2019.12.22

 

Li-Ion Battery

_2019.12.16

当院には

一足早くサンタのプレゼントが到着。

リチウムイオン充電池。

以前、雷が発電所に落ちて急な停電が生じた時

当院導入の医療機器(輸液ポンプ、シリンジポンプ、生体モニター、酸素濃縮器等)に活用し、

スムーズに対処出来た為(オレンジの製品)

有床診療所における防災対策で導入(モスグリーンの製品)。

医療現場では

起動に手間や時間が掛かる発電機では

緊急時には間に合いません。

これなら

スイッチ一つで直ちに動くので

急を要する医療現場で重宝します。

元はキャンプ用なので

車のシガーソケットからも充電出来ます。

停電が続く場合は

自動車のエンジンで発電して

このバッテリーを充電して病棟へピストン輸送を想定。

バッテリー寿命が切れると

バッテリーの入れ替えも対処下さるそうです。

メンテナンスは

3か月に1回の充電だけ

リチウムイオン電池はとても便利で実用的。

吉野彰博士、ノーベル化学賞受賞バンザイ(笑)

当院では計画停電マニュアルも作成し

今年の電気設備保守点検における計画停電に活用し

無事、運用確認出来ました。

急な停電時も

このマニュアルに沿って行動します。

ちなみに、こちらは5年間保存できる飲料水。

羊蹄山は学生時代に登りました。

無事、使わず処分出来ます様に。

 

12/12「令和元年度第3回和歌山県有床診療所協議会理事会」開催

_2019.12.15

和歌山県有床診療所協議会会員の皆様へ

いつも当協議会活動への会員の皆様の御協力、心より感謝申し上げます。
12月12日に和歌山市にて第3回理事会が開催されました。報告書を「和歌山県有床診療所協議会ホームページ」会員ページ内「会員事務局発行資料アーカイブ」の「会員の皆様へ2019/12/12」にアップロード致しましたので御一読願います。本理事会において、先の和有協会員「電子カルテ導入状況」アンケートへの回答において、電子カルテとレセコンを間違えて回答させた例が多数判明いたしました。その結果、回答された会員の有床診への電子カルテ導入は病棟0件であることが判明致しました。入院部門の電子化が遅れているのは電子カルテとレセコンの連携に問題があり、また、電子カルテの24時間稼働はシステムに負荷が掛かり、まるめの医療療養病床であれば可能かもしれませんが、急変もあり、24時間稼働している一般病床では入院への導入が困難な現状があるようです。但し、電子カルテ世代への継承を考える時、これは問題です。今後検討を重ねたいと思います。同アンケート結果の修正版を報告事項に記載しておりますので御覧下さい。また、令和2年度の和有協情報交換会開催日は2020年8月29日(土)の予定となりました。2020年度全国総会はお隣の徳島で9月12日・13日開催です。フェリーで行けますので、今から御予定にお入れ下さります様、宜しくお願い致します。
今年一年、どうも有り難う御座いました。来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

和歌山県有床診療所協議会

会員事務局

辻医院&イストワール合同忘年会@浪花寿し

_2019.12.07

今日は辻医院・イストワールの忘年会でした。

ご参加頂きましたスタッフの皆様

どうも有り難う御座いました。

今年ももう少し

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

明日、12月4日は「有床診療所の日」。

_2019.12.03

(以下、全国有床診療所連絡協議会HPより抜粋)

「有床診療所の日」として制定した12月4日の由来は、享保7年(1722年)12月4日、江戸の小石川に小石川養生所が設けられ、日本で最初に病床を併設する診療所が設立された日といえるからです。なお、日本医史学会の酒井シヅ理事長より、この日が日本の医療にとっても記念すべき日であり日付において確かな証拠も残されているとのことで、この小石川養生所の設立に関しては、「徳川實紀」に以下のように詳細に書かれています。

新訂增補 國史大系「徳川實紀」第八篇(吉川弘文館刊行)によると、
十二月四日 御みづから得給ひし鶴を尾邸につかはさる。書院番頭杉浦内藏助正奉御使す。また小石川傳通院前の市井臋小川笙船といふもの。貧しくして薬用のよすがなき病者の為め。施薬院を設けられなば。御仁政の一端なるべしと建白せしを。嘉納せられて。人々に議せしめられ。こたび小石川薬園のかたはら。新に養病所をたてらる。よて趣意を市井にふれられしは。養生所にまかるべき者等は。町々いと貧しき病者。或は看侍の者もなきやから。その所に参り。治療うくるかぎりは。飲食。衣服。臥具に至るまで。公よりたまはるべし。歩行にたへしものは。まかり乞うべし。・・・

このように画期的な福祉施設である小石川養生所は、小石川伝通院の医師・小川笙船の目安箱への投書から実現しました。八代将軍・徳川吉宗は享保の改革を進める中で、庶民の声を吸い上げる必要があると考え、目安箱を設置しました。小川笙船が訴えたのは、貧しい者が病気を治すための療養所を作って欲しいというもので、訴状を読んだ吉宗は腹心である町奉行・大岡忠相に命じて小川笙船と面談・調査を実施。そして12月4日に小石川の中に養生所が設立され、無料で庶民の病気治療にあたったというものです。この診療所の様子は山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』でも知られており、この小説は 1965年 、黒澤明監督により「赤ひげ」と題して映画化もされています。また、現在、小石川養生所のあった場所(小石川植物園)には、当時養生所で使われていた井戸が保存されており、その隣には、旧東京医学校の建物が残っています。

12/1「令和元年度第3回全有協役員会」及び「有床診療所の日記念講演会」@東京・品川

_2019.12.01

今年も役員会出席を兼ねて

「有床診療所の日」記念講演会に参加してきました。

品川は貸会議場だらけ。

午前中は「令和元年度第3回全国有床診療所連絡協議会役員会」

鹿子生健一会長の挨拶

午後は「有床診療所の日」記念講演会

講演:「働き方改革において有床診療所のやるべきこと」

講師:塩原公認会計士事務所 特定社会保険労務士 福島通子先生

講演:「2040年を見据えた地域包括ケア」

講師:厚生労働省老健局長 大島一博先生

和有協会員の皆様には詳細を後ほどご報告致します。

医療法人 外科内科 辻医院

一般病床・医療療養型病床

和歌山県田辺市上屋敷3丁目11番14号 TEL.0739-22-0534 FAX.0739-22-0538